非力な女たちでも栓抜きなしで瓶ビールがあけられる

最終更新日

ビール好きがクラフトビールを目の前にして愕然とする時。

栓抜きがない!

栓抜きなんてこの現代、使うシーンがまずほとんどないですよね。

むかーしはビールと言えば瓶だったから家には必ず酒屋さんからもらったりおまけで付いていた平べったい栓抜きがあったものですが、今はもうない。

そして家ならともかく、外出先ではもうお手上げです。

先日の新潟行きの新幹線に乗る直前、東京駅でそれは発覚しました。

栓抜き忘れた!

友人と落ち合う前に東京駅内をお互い探しまくりましたが、結果ありませんでした。

もちろんあいてない店や行けてない店もあると思うんですけども、出発間際で行ける範囲のお店では栓抜きは見つかりませんでした。

コンビニ・キオスク・雑貨屋(?)そして酒屋・・・。

友人が見つけた酒屋には栓抜きが必要な瓶ビールが並べられており、よっしゃイケる!とLINEが来たものの、ホームで落ち合った友人の顔は疲れ果てていました。

「栓抜きあった?」
「ないっ!」

栓抜きが必要な瓶ビールが売ってるっつーのになんで栓抜きはないんだ!と愕然としたと。
コンビニとかキオスクにないのはまあ仕方ないですけど、酒屋にないのはちょっと悲しい事態。
この日の旅行で飲もうよ!とわざわざ限定ビールを取り寄せた私も悲しい。
そもそも忘れた私が悪いんだけど。

新幹線でビール!想定で買われたツマミをつつきながら諦められない私達は検索しましたとも。

「栓抜きなし」「瓶をあける方法」などなど。

すると、まあでてくるでてくる。けど、なんだか難しそうなものばかり。
実際あけてる人たちは男性で、しかも結構な力技が多め。
非力な我々にはとても無理(か弱いふりしてるわけじゃないですけど)。

あと、新幹線の中という動く密室の中ではちょっとやりにくいぞ!といった方法も多め。
大きい音がするとか、溢れたりこぼす可能性がありそうとか、それもちょっと無理。
その中からこれならまあイケるかも?と選んだ方法は、鍵を使ってテコの原理であけるというもの。

テコの原理であける方法

1.親指と人差指で輪を作る(OKのサインのように)

2.フタの際でその指の輪を固定させる。中指・薬指・小指で瓶を支える。

3.鍵(またはドライバーなど硬くて先端が尖っているもの)の先端をフタの隙間に差し込んで指を土台にテコの原理であける。

というやり方なんですけどこれが死ぬほど指が痛い。
もうテコの台にもならない。
男性はこれ平気なんでしょうか。
指が凹むし痛いから無理!となって一旦諦めたもののやっぱり飲みたいビール(どんだけ)。

ビールとは別途買ったホットコーヒーのスリーブを見ていて思いつきました。
これを指の代わりにすればいいのか!

1.鍵を用意する(ただし曲がって使えなくなる可能性があるので注意。割り箸でも代用可能かもしれません)

2.スリーブを適度な幅で折り曲げていく

3.栓の真下で巻いてしっかりと固定する

4.栓と瓶の隙間に鍵の先を差し込んで巻いたスリーブを台にテコの原理で栓の縁を外側にめくるように一周する

こうやって地道に何周もすると、隙間が空いて「ぷしゅー」と音がします。
そうしたら鍵を横にして開いたフチに引っ掛けて持ち上げるとパコッと栓が外れます。

無事に乾杯できてご満悦!我ながら執念すごい。
マダムでもやるときゃやるんです。
女性にはこの方法、絶対的におすすめです。
栓抜き忘れても諦めないで〜!

全ビール好き女性のお役に立てれば幸いです。

4+

maana