春川鶏カルビ[新大久保]でラポッキ

最終更新日

この日は出先からのひとりランチをしようとして新大久保に近かったから向かってみる。
そう言うと、さもそんなつもりはなかったんだけど、な風に聞こえるけど新大久保が近かったら無理やり立ち寄るか!くらいには韓国料理が好きだ。
5年くらい通勤の途中で新大久保を毎日通ってたのだけど、好きでも嫌いでもそうでもなくても人って慣れるとその場所や人に入り込むみたい。

そんなわけで、1人で入ることも多かった新大久保のお店も紹介していきたいな。
入れ替わりが激しい土地なので今はもうなきお店もたくさんあるけれど。

今日入ったお店は春川鶏カルビ(旧:韓国風屋台)。
何度か夜も訪れてて、美味しかったし外のカウンターは1人でも気軽に座れるヒトリメシゾーン。
1人でも食べきるためには一品料理じゃないとで、なんとなく真っ赤なものが食べたかったので前から気になってたラポッキを注文。
ここはドリンクもオーダーしないとなシステムなのでサイダーにしてみた。

画像1

これは韓国のチルソンサイダー。
日本の三ツ矢サイダーと比べると炭酸が弱めで甘さも控えめ?で強炭酸が苦手な私は好みだなー。
さて、注文はカウンターに座ると窓の向こうで料理中のマダムから聞かれるので窓越しに言う。

画像2

すると、お箸と取り皿が来る。
飲み物もすぐ来る。
そして料理はしばし待つこと20分程でまた窓越しに出てくるのでした。

画像3

えっ。

結構な皿の大きさに、隣に座ってたかわゆい女の子2人組が、二度見してコソコソ話してた。

ですよねー、私もびっくりだったねー。

ちなみに左に私の後から座ったヒトリメシ紳士は生ビールと海鮮チヂミをご注文。
私のラポッキを見てギョッとしてたかはわからないけど海鮮チヂミが来る前にほとんどジョッキが空になってたペース配分。

さて、正直な感想。

これは1人で食べる量じゃなかった。
やっぱり飽きるんですよねえ。チゲの方が良かったかなあ。

土曜日のランチタイムという超絶忙しそうな時間帯だったからなのかそもそもの作り方がこの店はそうなのかわからないけど、麺はもう茹でてあるものにトッポッキをかけたっていう感じかしら。
全体的に熱々でなかったのもちと残念。
だけどこのお店、何食べても美味しいから、たまたまなのか、ラポッキが外しただけなのか!という感じだったな。
もちろんまた行きます!
ちなみにこの季節は、背中が寒いので寒がりはカイロを貼っていくべし。

画像4

春川鶏カルビ
03-3207-4572
東京都新宿区大久保1-15-7 カ-サ大久保ビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13046135/

1+

maana