エルフさんの店・高柳佐知子

最終更新日

何度手放しても戻ってくる本ってありませんか?
自分で探したり、偶然再会したり、という意味ですけれど。
この絵本はそのうちの一冊。

元々は「トウィンクルさんの店」と「エルフさんの店」の2冊に分かれていたものでした。
確か小学生の頃・・・と思って調べたら「トウィンクルさんの店」の初版は1977年だったようです。
当時、父が買ってきてくれた絵本は小学4年生の少女には夢のような世界でした。

ありそうでなさそうな、でもきっと世界のどこかにあるに違いない街の様々なお店。

気まぐれ屋・クッキー屋・カンテラ屋・ハート屋・ガラクタ屋・ゆめ屋・リボン屋・お菓子屋
牧草屋・帽子屋・かけら屋・布地屋・食料雑貨屋・風屋・家屋・植木屋
ぬいぐるみ屋・時屋・ほうき屋・りんご屋・修理屋・ことば屋・あかり屋
スパイス屋・夢想家・望遠鏡屋・映画屋・小箱屋・ティールーム・花屋
展望台・はしご屋・看板屋・シャボン玉屋・船屋・花火屋・公園
銀細工屋・地図屋・うさぎ屋・図書室・木の実屋

グラフィックデザイナーを生業としながらも常にお店屋さんに憧れ続けている原点はこの絵本にあると言っても過言ではないです。
昔は2冊だった本が1冊になって復刊したのは多分「復刊ドットコム」のおかげではないのかと密かに思っております。
どうしても手に入れたい(古本ではなく新品で)私が当時たどり着いた先がこのサイトで、そこには「エルフさんの店」を求めて止まないコアな読者の方がたくさんいらして。
お仲間はっけーん!とワクワクしながらリクエスト投稿をしたことを覚えています。

いつまでもこの絵本がどこかの夢見る少女や、癒やされたい大人の女性に届きますように。

1+

maana